経営理念

事務所の経営理念

税理士荒巻政文事務所は、税務・会計・経営助言の専門家として、

  1. 私達は、関与先に 適正な申告納税の重要性を伝えるとともに 関与先の永続的発展に寄与する。
  2. 私達は、職業を通じて社会に貢献する。
  3. 私達は、職業を通じて関与先の幸福、職員、家族の幸福を実現する。
となることを使命とし、関与先企業と税理士業界の発展に貢献します。

事務所の行動指針・行動基準

税理士荒巻政文事務所の行動指針

  1. 税理士事務所の職員として必須の基礎知識と規範意識を身につけるとともに自らの専門分野を磨き、その力を日々の業務に発揮し、また同僚・後輩に教え、
    組織・チームとしての成長を常に志向する。 
  2. 所内・所外の人的資源やネットワークを最大限に活用し、また自らの力も周囲に活用されることで、顧客個々のニーズに応じた最適の価値を提供する。
  3. 関与先の規模の大小に関わらず、真摯に事業活動を営む顧客に対し、誠実かつ迅速に、創意工夫をもって仕事をする。

「自利利他」の理念の実践とは

「自利利他」の理念の実践とは

TKC全国会の基本理念である「自利利他」について、TKC全国会創設者飯塚毅は次のように述べています。
大乗仏教の経論には「自利利他」の語が実に頻繁に登場する。解釈にも諸説がある。その中で私は「自利とは利他をいう」(最澄伝教大師伝)と解するのが最も正しいと信ずる。
仏教哲学の精髄は「相即の論理」である。般若心経は「色即是空」と説くが、それは「色」を滅して「空」に至るのではなく、「色そのままに空」であるという真理を表現している。
同様に「自利とは利他をいう」とは、「利他」のまっただ中で「自利」を覚知すること、すなわち「自利即利他」の意味である。他の説のごとく「自利と、利他と」といった並列の関係ではない。
そう解すれば自利の「自」は、単に想念としての自己を指すものではないことが分かるだろう。それは己の主体、すなわち主人公である。
また、利他の「他」もただ他者の意ではない。己の五体はもちろん、眼耳鼻舌身意の「意」さえ含む一切の客体をいう。
世のため人のため、つまり会計人なら、職員や関与先、社会のために精進努力の生活に徹すること、それがそのまま自利すなわち本当の自分の喜びであり幸福なのだ。
そのような心境に立ち至り、かかる本物の人物となって社会と大衆に奉仕することができれば、人は心からの生き甲斐を感じるはずである。