社長インタビュー

 有限会社フリアンディーズ

 代表取締役

 吉岡 秀之社長

  当事務所の関与先である吉岡電気工業㈱の吉岡社長はM&Aによって新たにレストラン事業を始められました。

西宮浜のヨットハーバー内にあるイタリアンカフェレストラン「フリアンディーズ」。

クルーザーを眺めながらのランチ、夕日を眺めながらのバーベキューなど創作イタリアン料理と景色どちらも楽しめます。   

テラス席ではペットが同伴でき、土日はペット連れのお客様で満席になるとのことです。  

     


 ー まずは社長の経歴について教えて下さい。     

     工業高校在学時に和食店で3年間アルバイトをやっていたのですが、その際に接客から調理まで一通り経験させて頂いて、飲食店を切り盛りする楽しみを知りました。

特に調理は自由にさせて頂いて、刺し盛などは板長に腕を認められるほどになりました。

高校卒業の際に、京都の割烹からもスカウトを頂いたのですが、将来起業するという夢があったので、電気工事関係の会社に勤めることに決めました。

  ー なるほど。高校時代のアルバイトにルーツがあったのですね。     

  はい。会社に6年間勤務したのち、まずは個人で起業し、5年後に法人化しました。

荒巻事務所さんを紹介して頂いたのもその頃ですね。

平成29年に本社を建てて、社員の育成もある程度完了したので、新たな事業を始めようと思い、事業引継支援センターに声をかけました。     

 - 紹介を受けた中で、フリアンディーズを選んだきっかけは?    

  いくつか飲食店を紹介されたのですが、西宮浜の景色を見て、一目で決めました。

インスピレーションというか、ビジョンが浮かんだというか……

確かな将来性を感じ、これならいけるという実感がありました。

  - 今までと異なる業種を始められて、新たに感じられた苦労などありますか?     

 吉岡電気工業㈱を始めた時から、人を大事にしようというポリシーがありました。

かっこよくいうと「社員ファースト」ですね。

利益や経費の削減だけを追うのではなくて、社員一人一人の長所を見出し、責任ある立場を与える。その結果社員のモチベーションの向上につながります。

このポリシーは私だけでなく、上に立つ社員一人一人に徹底させています。

今では離職者もほとんど出なくなり、本業の会社の方は社長の私がいなくても会社が回るくらい社員一人一人が自発的になったと思います。

 飲食事業では、今までいなかったパート・アルバイトといった勤務形態の人たちのモチベーションをどうするかが課題でした。

どうしても時間を切り売りしているような印象があったので。

年3回、従業員の家族を交えての交流会を開き、自分の事業への思いなどを語り、少しでもお店のことを好きになってもらえるよう努力しています。     

  - なるほど。吉岡電気工業㈱の創業の際から大事にされてきた「社員ファースト」のポリシーが飲食事業でも活かされているのですね。 

お店に伺った際も、従業員の皆さんが楽しそうに働いていた印象がありました。

 今後の展望などありますか?     

 今後はイベントの開催に力を入れてきたいと考えております。

今まで、車販売業者によるヨットハーバーに車を実際に並べて行う商談会、犬を連れたお客様が多いので犬のヨガ教室や犬用衣服の販売会、プロバスケットボールチーム「ストークス」の選手とファンの交流会などを行ってきました。

どれもご好評いただきましたので、今後も料理や景色だけでなくお客様が楽しめるようなイベントを開催できたらと考えています。     

 - 本日は貴重なお話をありがとうございました。     

店舗 外観・内観写真

〒662-0934

兵庫県西宮市西宮浜4-16-1
新西宮ヨットハーバーセンターハウス1F

TEL:0798-34-0797

営業日:月・水~日 モーニング9:30~11:00
          ランチ  11:00~14:30
          カフェ  9:00~20:00 
          ディナー 17:00~20:00

定休日:火曜日

      

レストランメニューご紹介

 人気No.1     

はみ出るエビフライ     

 希少な特大エビを使った30㎝を超えるほどの逸品!

 人気No.2     

海鮮パエリア 

香味野菜と海老、チキンからとった出汁で炊き上げました。

      人気No.3     

  ハバネロボンゴレビアンコ 

自家製フレッシュハバネロ使用、激辛だけどうまいんです。